« 2017年09月 | メイン

2017年10月 アーカイブ

2017年10月01日

2017 全日本模型ホビーショーの新作

9月29日から10月1日にかけて東京ビッグサイトで開催された「2017 全日本模型ホビーショー」に行ってきました。

今回も複数のメーカーからグループBの新作が発表されています。まず京商のブースでは、ミニチャンプス製の1/18 アウディ・クワトロが数種類展示されていました。

ダイキャスト製ボディで製造されるこの新作は、市販モデルとラリー仕様の両方が予定されています。

これは市販モデルの「アウディ クワトロ(1980)ホワイト」。504個の限定生産のようです。

こちらも角目4灯ライトの初期型「アウディ クワトロ(1980)ブラック」。
ボディカラーはホワイトとブラックの2色が用意され、価格はともに14,000円+税と表示されていました。

ラリー仕様も展示されていました。

この「アウディ クワトロ “AUDI SPORT” MOUTON/PONS RALLYE DES 1000 PISTES 1981」は、オーバーフェンダー、バンパー、グリルなど、グループ4仕様のディテールを的確に再現しています。

こちらは「アウディ クワトロ “AUDI SPORT” MIKKOLA/HERTZ WINNERS INTERNATIONAL SWEDISH RALLY 1981」。
アウディ・クワトロがWRC初優勝を挙げたときのマシンです。

「アウディ クワトロ A2 “BELGA TEAM” WALDEGARD/THORSZELIUS WINNERS BOUCLES DE SPA 1985」は、グループB時代のマシンを製品化したもの。ブリスターフェンダーの張り出しが大きいクワトロ A2のボディ形状を再現しています。
ラリー仕様の価格は、市販モデルより2,000円高い16,000円+税と表示されていました。

ottomobileの新作として展示されていたのが、1/18スケールの「オペル マンタ 400 Gr.B」。1985年のサファリ・ラリーで4位入賞した車両で、予価は16,500円+税となります。

プラモデルでは、アオシマが取り扱うBELKITS製の「1/24 オペル マンタ 400 GR.B Tour de Corse 1984」と、「1/24 オペル マンタ 400 GR.B 24 Uren van leper」が展示されていました。

今年5月の静岡ホビーショーではパッケージのみでしたが、今回はキット内容が展示されたため、順調に進行しているようです。

こちらは同じアオシマブースに展示された、BEEMAX社製の「1/24 日産 240RS BS110 '84 サファリラリー仕様」。
S.メッタが同ラリーで5位に入賞したマルボロカラーのマシンです。

サファリ仕様ならではのアニマルガードやウィングランプ、右ハンドル仕様のダッシュボード、ホイールなどのパーツを新規製作しています。
こちらの発売日は未定となっていますが、この製品に対応したディテールアップパーツは「年末発売予定」となっています。ということは、順調にいけば今年中に発売でしょうか。

アオシマのブースで展示されたこれらの新製品は、いずれも発売日未定。それだけに、今後の情報に注目していきたいですね。

2017年10月07日

BX 4TCの透視イラストレーション

先月、自動車関連の創作活動を行うアーティストの方々の作品を展示した、「2017 自動車アート7人展」が東京・有楽町にて開催されました。

その展覧会には、自動車専門誌「モーターファン・イラストレーテッド」にてうちのシトロエン BX 4TCの透視イラストレーションを描いてくださった、大内誠さんも参加されていました。

その会場で頂戴したのが、このプリントです。

シトロエン BX 4TCの透視イラストレーションに、大内誠さん自らサインを入れてくださり、オーナーとしてはこれ以上ない最高のお宝となりました。

部屋の中を整理して、このイラストが映えるような空間を作らなくては。

2017年10月13日

フェラーリ70周年記念イベント

フェラーリの70周年を記念して世界約60ヶ国で開催されるイベント「Driven by Emotion」が、日本で開催されました。

初日の10月12日と翌13日には、東京の両国国技館にて約40台のフェラーリを展示。公開イベントのため、貴重なフェラーリを誰でも気軽に見学できるようになっていました。

会場には、'60'〜70年代のV12ベルリネッタや歴代のスペチアーレ、70周年記念限定テーラーメイド車輌など、さまざまなフェラーリが展示されていました。

なかでも、J50、Sergio、SP1という3台のFuori Serie 限定モデルが一堂に会した展示は見ごたえがありました。

初日は両国国技館でオーナーイベントを開催。70周年記念モデルのLaFerrari Apertaが日本初公開されました。

土俵にフェラーリが上がるという光景は、なかなか見られるものではありません。

なかでも個人的に気になったのは、やはり288 GTOです。

競技用ベース車輌でありながら、美しさと迫力を兼ね備えたロードカーのフェラーリ 288 GTOは、グループBのなかでは別格の存在です。

改めて実車を目の当たりにすると、フェラーリの魔力に取り憑かれそうです。

10月13日と14日は、[Ferrari 70 Years Exclusive Japan Rally] として、両国国技館から伊勢神宮まで70台のフェラーリが走行するイベントも開催されます。

運が良ければ、イベントに遭遇できるかもしれませんね。

About 2017年10月

2017年10月にブログ「グループ B マニア」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35