2017年08月06日

AUTOMOBILE COUNCIL 2017

2017年8月4日(金)〜 8月6日(日)に幕張メッセで開催中のイベント、「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」を見に行ってきました。

CLASSIC MEETS MODERNをテーマ に、国内外の自動車メーカーとヘリテージカー販売店などが一堂に会するこのイベント。今年で2回目の開催となり、クルマ好きの間では認知度が上がっています。

日本のメーカーでは、マツダが印象的でした。

「飽くなき挑戦の歴史 −ロータリーエンジン誕生50周年−」を出展テーマにした同社は、試作車と市販車の2台のコスモスポーツを展示したほか、マツダ ファミリアプレスト ロータリークーペ、1991年のル・マン24時間レースで優勝したマツダ 787Bなど、ロータリーエンジン搭載車を多数展示。さらに初代ロードスターのレストアサービス開始を発表しました。
会場には、グループB車両で1985年アクロポリス・ラリーで3位入賞を果たしたこともある、マツダ サバンナRX-7も展示されていました。

ほかの自動車メーカーがクラシックモデルとともに最新の市販車やコンセプトカーを展示するなか、マツダの展示車両はクラシックモデルのみ。自社製品のヘリテージに対する姿勢は、海外のメーカーと変わらないものでした。マツダがクルマ好きから一目置かれる理由は、まさにこうした姿勢に現れているように思います。

海外のメーカーでは、quattroのルーツを実車で紹介したアウディが衝撃的でした。

初代アウディ・クワトロ、アウディ・スポーツ クワトロの市販モデルに加えて、本国のAudi Traditionが所有するスポーツ クワトロ S1 E2を空輸して展示する力の入れよう。当時を知るクルマ好きにとっては感涙モノの展示内容でした。

1986年モデルのアウディ・クワトロは、Nさんが所有するディーラー車。「モータースポーツジャパン2017」以来の再会でした。

こちらはCさんが所有する1983年モデルのアウディ・スポーツ クワトロ。昨年から調子を崩していたので、久しぶりの再会にひと安心。初日はワークスマシンに並んで展示されるという晴れ舞台を飾りました。

そしてこちらが1985年のアウディ・スポーツ クワトロ S1。1986年モンテカルロ・ラリーでW.ロールが3位入賞した車両そのものです。

今回は残念ながらエンジン始動はなかったものの、貴重な車両を間近で見られること無上の喜びを感じました。そして「モーターファンフェスタ2017 in 富士スピードウェイ」でのランチア037ラリーに続き、またしてもリアにまわって匂いを嗅いでしまいました。ヒストリック・ラリーなどのイベントで頻繁に走行している車両にふさわしい、現役車両ならではの匂いを堪能しました(笑)。

内装の写真も撮影できました。

私は残念ながら撮影できなかったのですが、エンジンフードを開けていることもあったので、エンジンルームを撮影できた方もいらっしゃいました。

このイベントを通じて、日本にクラシックカー文化が根付くことを願ってやみません。

2017年08月02日

ottomobileの最新作は?

なかなか更新できておりませんが、グループB車両のミニカーは相変わらず買い続けております。

こちらはottomobileのトヨタ セリカ ツインカム グループB。1984年のサファリ・ラリー優勝車を製品化したものです。

1/18スケールのレジン製ミニカーを毎月リリースするフランスのottomobileは、当初はマニアックなフランス車のミニカーを中心に製品化していました。それから次第にラインアップの幅を広げ、最近は日本車の製品化が増えています。

このセリカは1/18スケールでは初の製品化だったこともあり、生産された1,500台はメーカー完売となっています。

そしてottomobileの最新のグループB車両は、オペル・マンタ 400。1985年のサファリ・ラリーで4位入賞したオペル・ワークスカラーの仕様が製品化されます。

Opel Manta 400 Groupe B

2017年9月の発売予定となっているため、今から発売が楽しみです。

2017年07月14日

AUTOMOBILE COUNCIL 2017にGr.Bマシンが登場予定

2017年8月4日(金)〜 8月6日(日)に幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」に、アウディのグループBマシンが展示される予定です。

7月14日、アウディ ジャパンは「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」への初出展を発表しました。また、会場における新型アウディ RS 5 クーペの日本初公開と、往年のquattro たちの展示も発表されています。

展示が予定されているヒストリックモデルは、
アウディ・スポーツ クワトロ S1(1985年モデル)
アウディ・スポーツ クワトロ(1983年モデル)
アウディ・クワトロ(Ur-quattro)(1986年モデル)
の3台。

Gr.B エボリューションモデルのスポーツ クワトロ S1 E2は、Audi Traditionが所有する車両。2010年にアウディ フォーラム 東京などで展示されて以来、7年ぶりの来日になります。

クワトロとスポーツ クワトロはロードカーで、日本のオーナー様が所有する車両が展示される模様です。

メーカーやショップ主体の展示内容も悪くありませんが、いつかはグループAやグループBなどのカテゴリー別で車両展示を行ってみたいですね。

2017年07月01日

定期点検終了

先日、主治医のもとを訪れて1年点検をしてきました。

ひと通り診てもらったところ、タイロットブーツと右側のアッパーボールブーツが切れていたため交換。逆にそれ以外の不具合はなく、今回もあっさり出庫しました。

写真は先日の取材時に前後のタイヤを外したときのもの。
フロントのサスペンションアームに整流板のようなパーツがついていたことに改めて気づきました。

ゆるい活動をしているので、10年目でも新たな発見がありますね。

2017年06月15日

新たな取材

先日、テクニカル系自動車専門誌の取材を受けました。

2年前に友人のフォード RS 200を取材チームにご紹介して以来、シトロエン BX 4TCの取材の話は上がっていました。しかし、なかなかタイミングが合わず、長らくペンディング状態となっていました。

今年4月にイベント参加した際に現地で久しぶりに取材チームと再会。BX 4TCの現車を初めて見たチームの間で一気に話が盛り上がり、「次にやろう!」ということになりました。

イベント参加には、こうした偶発的な化学反応があるので面白いですね。

関東地方はすでに梅雨入りしていましたが、取材当日は薄曇りのちょうど良い天気。取材は終始楽しい雰囲気の中で行われました。

発売には少し時間がありますが、どんな記事に仕上がるのか今から楽しみです。

2017年05月15日

10 th Anniversary

グループBマニアのブログをはじめてから今日でちょうど10年が経ちました。

手探りの状態からスタートしたシトロエンBX 4TCとの生活も、無事に10年を迎えることができました。ここ数年は特に大きなトラブルもなく、イベントにも参加できているのはありがたい限りです。

本当にあっという間の10年で、おかげさまでいろいろなメディアに取り上げられたり、イベントで多くの方々とお話しさせていただきました。

クルマを通じて多くのクルマ好きの方々とお知り合いになれたことが、10年間で最大の収穫だったことはいうまでもありません。クルマ趣味の醍醐味は、所有しているクルマ自体の楽しみよりも、むしろ人とのご縁のほうが大きいことを改めて実感しています。

機会があれば、今年の秋もイベントに顔を出したいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

2017年05月13日

静岡ホビーショー 2017

今年も静岡ホビーショーに行ってきました。

今回のショーではグループB関係の新製品が充実していて、個人的には興味深いものでした。
そこで、今後発売が予定されているグループBアイテムをご紹介します。

京商では、ottomobileのグループB新製品が展示されていました。
こちらは6月の新製品として予定されている1/18 マツダ RX-7 Gr.B。価格は16,500円+税の予定です。

同じくottomobileのポルシェ 911 SC RS。すでに発売されているRothmansカラーに続き、Belgaカラーが追加されるようです。
こちらは現時点でottomobileの新製品に掲載がないため、何気なく世界初公開でしょうか。おそらく7月か8月の新製品と思われます。

今回はプラモデルのグループB新製品が充実していました。

こちらはハセガワのランチア 037 ラリー “1983 サンレモ ラリー”(3,800円+税)。1983年のサンレモ・ラリーに出場したR6カラーのマシンです。デカールは “R6”の文字が白で塗りつぶされているため、サードパーティ製デカールに期待したいですね。発送予定日は6月6日となっているため、6月9日頃に発売される見込みです。

アオシマからは、1/24スケールのBEEMAX社製グループBアイテムの新製品が多数発表されました。

まずは1/24 トヨタ TA64 セリカ '84 ポルトガルラリー仕様(税込4,536円)です。
現在発売中の '85 サファリラリー仕様に加えて、ターマックステージ用の低い車高を再現したポルトガル・ラリー仕様を製品化。ターマック用サスペンションとタイヤ/ホイールを新規製作しています。

こちらは1/24 ランチア デルタ S4。まだ品番もないモックアップの状態です。
デルタ S4は、これまでレジンキットではさまざまなアイテムが発売されてきました。とはいえ、プラモデルのような大量生産向けアイテムではないとされ、これまでプラモデルは皆無でした。グループBアイテムを積極的にリリースするBEEMAX社のおかげで、今回ようやく製品化されそうな状況にあります。実に楽しみですね。

掲示されたポスターを見ると、まずは1986年モンテカルロ・ラリー仕様になりそうです。試作品には前輪にホイールベーンが装着されていたため、1986年ツール・ド・コルス仕様も当然追加されると思われます。

こちらも発売日未定ながら、デルタ S4よりも開発が進んでいる1/24 アウディ スポーツクアトロ S1 E2。
ご覧の通り、これまで発売されたどのレジンキットよりも的確なプロポーションで、1/24 キットの決定版となる可能性が高そうです。掲示されたポスターを見る限り、1985年サンレモ・ラリー仕様として発売されそうです。

すでに内装も再現されていました。

当時タミヤ製1/24 アウディ クアットロをBピラー部分で切断してショートホイールベース化する改造方法が発表され、私もその改造を途中まで行なっていました。その完成の前に新たにキットが発売されるようになるとは、本当に良い時代になりましたね。実に感慨深いものがあります。

こちらはアオシマのブース内に掲示されていた、BELKITS製の1/24 オペル マンタ 400 GR.B Tour de Corse 1984。
発売未定ながら、今後に期待が持てます。

こちらも同じBELKITS製の1/24 オペル マンタ 400 GR.B 24 Uren van leper。
バリエーションも豊富に用意されるのでしょうか。

グループBのプラモデル新製品が充実していた今回のショー。いずれも期待作ばかりなので、発売が今から楽しみです。

2017年05月02日

モーターファンフェスタ2017

4月30日(日)に富士スピードウェイで開催された「モーターファンフェスタ2017 in 富士スピードウェイ」に参加してきました。

今回は2週間前の「モータースポーツジャパン2017」でもご一緒した、NさんのシトロエンCXと一緒に会場入り。バタバタしていたため、並びの写真を撮り忘れてしまいました。

朝7時前に富士スピードウェイに到着すると、目の前にランチア037ラリーとランチア・ストラトスの姿が!シトロエンBX 4TCの展示場所はランチアの横ということで、早くもグループBの並びが実現。037 コンペティツィオーネとの共演を果たすことができるなんて、朝から気分は最高です。

ちなみに右隣は、「東京大学 海外ヒストリックラリー参戦プロジェクト」で積極的に海外のラリーイベントに参戦しているHonda シビック1200RSと、2016年パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦した2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_One。ラリーなどの競技に参戦した5台が並びました。

ランチア037ラリーのエンジンルームも拝見。エンジンを始動したときには、思わず排気管の後ろにまわって匂いを嗅ぎに行ってしまいました。変態ですね。

ピット内には各メーカーの車両展示もあり、こちらも賑わっていました。トヨタのピットでは、お台場のヒストリーガレージから出張してきたTA64のセリカ・ツインカムターボの姿を発見。うちのクルマを含めて、今回は3台のグループBが参加していました。

そして、富士スピードウェイのホームストレートに80台以上のクルマが並ぶ「スーパーグリッドウォーク」がスタート。ご覧の通り、F1からスポーツプロトタイプカー、新旧スポーツカーまで、さまざまなカテゴリーのクルマたちが整列。レースクイーンのお姉さまも勢揃いで大賑わいでした。

フロントローには、ジョーダン191とフェラーリ F310の2台のF1が並ぶ豪華な風景。この2台が走る姿を見てみたかったなぁ。

グリッド3列目には、トムス85CLとマツダ 787Bの2台のグループCマシン。マツダ 787Bは寺田陽次郎さんのドライブでデモランを披露。4ローターの快音を響かせました。

そしてBX 4TCは前から15列目のポジションに。LB☆WORKSさんのマクラーレン 650Sの横でした。

イベント本番では多くのファンの方々とお話することができ、私自身も大いに楽しませていただきました。

美しい状態で維持されているランチア・ストラトス。間近で見ると、そのコンパクトさに改めて驚かされます。

ランチア 037 ラリーは、トヨタ TS020との並びに。後方にはトヨタ・セリカ GT-Fourとフェラーリ 599 XXが並ぶという豪華な光景です。

ランチア 037 ラリーの注目度は、数あるコンペティションモデルのなかでもトップクラスでした。

この個体はナンバーを取得しているため、公道走行可能な状態。いつかワインディングロードでこのクルマに遭遇してみたいものです。

「スーパーグリッドウォーク」の展示は、ピットからコースインして、1周まわってホームストレートに展示することになっていました。てっきりペースカー先導でパレード走行をするのかと思っていたら、1台1台ピットアウトしてスピードは自分で適度にコントロールするという状態。思わぬカタチで富士スピードウェイを初走行することになり、微妙に緊張しました。

もちろん、シトロエンBX 4TCが富士スピードウェイの本コースを走るのは今回がはじめて。イベント終了時も本コースを1周してピットインしたため、大いに興奮しました。もちろんスポーツ走行ではありませんが、サーキットでの走行は気持ちがアガりますね!

朝から夕方近くまでイベント盛り沢山だった「モーターファンフェスタ2017 in 富士スピードウェイ」。入場料無料で、クルマの場合は駐車料金のみで1日中過ごせたこともあり、入場者数は2万3千人近くに達したそうです。

家族連れや若いファンが気軽に楽しめるよう企画されたこのイベント。来年もぜひ開催してもらいたいですね。

2017年04月27日

4月30日の「モーターファンフェスタ」に参加します

今週末の4月30日(日)に富士スピードウェイで開催される 「モーターファンフェスタ2017 in 富士スピードウェイ」 に、シトロエンBX 4TCを展示することになりました。

今回参加するのは、11時40分から12時40分にかけて行われる「スーパーグリッドウォーク」というイベントです。

これは富士スピードウェイのホームストレートに、さまざまなカテゴリーのクルマを展示するもの。F1やスポーツプロトタイプカー、Gr.Aマシンをはじめとするクルマたちと一緒に並ぶことになりそうです。

スーパーグリッドウォーク参加車両には、ランチア 037ラリー、ランチア ストラトスの名前もあるので、WRC競技モデルの並びが実現するかもしれません。

初参加なのでどんな様子になるのか分かりませんが、もしグリッド上などで見かけたら気軽にお声がけください。

2017年04月18日

モータースポーツジャパン2017

4/16(日)に「モータースポーツジャパン2017フェスティバル イン お台場」で車両展示を行いました。

昨年は強風のため開始後1時間で中止となりましたが、今年は快晴で、夏日となるほどの良い天気。行く直前まで仕事をしていたこともあり、入場締め切りギリギリの8時30分に会場入りしました。

今回の展示場所は、昨年と同じNさんのシトロエンCXの左側。今年もハイドロ・シトロエンの並びが実現しました。

うちのクルマの左側には、アウディ・クワトロが3台並ぶ素敵な光景。3車3様のディテールの違いがあって興味深いものでした。

この1988年式のアウディ・クワトロはUK仕様。右ハンドルのクワトロを見るのは今回が初めてです。とても美しい状態で維持されていました。

こちらは1986年式のディーラー車。今回は来場者人気投票で受賞するなど、注目の1台でした。

こちらは、昨年の「モータースポーツジャパン」と「熱海ヒストリカG.P.」でもご一緒させていただいた、1981年式のクワトロです。

昨年も展示されていたニッサン 240 RS。今回はエンジンルームも拝見することができました。

こちらも昨年と同じ個体の240 RS。何度見ても惚れ惚れします。

会場には、1986年のサファリ・ラリーでクラス優勝、総合でも5位に入賞したM.Kirkland/R.Nixon組のスバル レオーネ RXターボも展示されていました。

イベント終盤には、会場を公園からメイン会場に移して、グリッドウォークが行われました。
会場ではClub US110さんのグループ展示がバッチリ決まっていたので、思わず撮ってしまいました。

今年は数多くのクルマ好きの方々とお話しすることができて、楽しい1日を過ごすことができました。
また機会があれば参加したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35