« キーがない | メイン

バッテリー上がり

先日クルマを動かそうとしたところ、セルモーターの動きが鈍く、パワーウィンドウの動きも弱々しい状態でした。

そう、バッテリー上がりでした。

キルスイッチで電源を切っていたのにバッテリーが弱っているということは、長期間キーを挿したままになっていたことも影響しているのでしょうか。

JAFを呼ぼうかと思っていたところ、同じ駐車場に停めているパパ友さんとバッタリ。事情を説明したところ、快くバッテリーを繋いでいただき、ジャンプスタートで無事にエンジンを始動することができました。

仲良くさせていただいているご近所のパパ友さんに、改めて感謝です。

給油も兼ねて小一時間ほど走行してから無事に帰還。一度エンジンがかかってしまえば、以前と変わらない調子で、ひと安心でした。

ちなみに前回バッテリー交換したのはいつか調べてみたところ、2011年10月でした。

さすがに7年も使っていれば寿命ですね。折を見て交換しなければ。

コメント (2)

GZ20:

7年モノは長寿バッテリーでしたね!
一般的には3〜5年で閉店かと・・・

明日は富士SW遠征予定です。
NISMO FES2018。

天気の不安はなさそうですね。

グループBマニア:

GZ20 さん

バッテリーは確かに長寿命でしたね。年末年始に動けるよう準備しておかなければ。

NISMO FESTIVAL 2018は盛況だったようですね。

コメントを投稿

About

2018年11月30日 23:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「キーがない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35